保湿系の有名化粧品を徹底チェック!

保湿化粧品こだわりレポートへようこそ!

このサイトでは、有名な保湿化粧品を中心に評判の良い商品をピックアップして、徹底レポートを公開しています。

市販の保湿化粧品はたくさんあり過ぎてどれを選んだら良いかわからない...と言う方も多いと思いますので、その化粧品選びの際にお役に立てればと思っています。

それでは、早速いくつかの保湿化粧品をご紹介します。

アスタリフトの特徴とセールスポイント

きれいな映像を画像として残すために研究された技術が、美肌を導く化粧品として利用されています。フジフイルムで開発、研究されて作られた化粧品「アスタリフト」は、エイジングケアに特化した化粧品です。

頬などのリフトアップも効果ありとのことで、期待ができますね。

吸収されやすい海洋性コラーゲンを豊富に含み、更に「アスタキサンチン」という海洋性由来の保湿成分を配合しているので肌になじみやすいのが特徴です。

特に目立つのが、化粧水の浸透の良さ。とろっとした感触の化粧水ですが、あまり浸透しにくい肌でも、ぐんぐん吸収するかのように肌に浸透されていきます。

コラーゲン配合だったらべたつくのかな?と思いましたが、そんなこともなく思い過ごしで済みました。つけた後は、しっとりするというよりはスルっとした手触りの肌になれます。

保湿成分が効くのか、毛穴の開きもなくなり、頬にハリが出てすべすべに。更に、毛穴が小さくなったからか、時々できていたニキビもできなくなりました。

それに、化粧水の匂いが薔薇の香りなので、使うたびに癒されます。あまり強くない、ほんのりとした香りなので、無香料が好きな人でも違和感を感じないと思います。

クリームもさっぱり系なので、つけた後でもべたつかないのがいいです。

「アスタリフト」のスキンケアは、ラインで使った方が効果がわかりやすいと思います。肌がすべすべになり毛穴に効くのと、頬のリフトアップの効果を強く感じました。

ヒフミドの特徴とセールスポイント

現在の化粧品は化粧品メーカーだけが販売する時代ではなくなりました。それというのも、美容と健康というものを非常に大きく関わっているということが様々な角度から実証されてきたからです。

みなさんはヒフミドという化粧品をご存知ですか?実はこれ、あの有名な製剤メーカーである小林製薬が開発した乾燥肌に効果的な化粧品なのです。

このヒフミドの大きな特徴として、セラミドという保湿のための成分を最大限に生かして、肌に作用するということです。セラミドとは、人間の肌の角質を構成してくれる大変重要な成分になります。

しかし、年齢を重ねることにより、この成分は容赦なく肌の中から失われていくのです。そして、これをきちんと補うということが、このヒフミドの大きなコンセプトになるのです。

さて、このヒフミドでセラミドを肌に補うことで、どのようにして肌を改善してくれるのでしょうか?

実はこのセラミドは肌の角質をしっかり繋いでくれる大きな役割を担っています。セラミドを補うとこの角質の集結力が強化され、外部から継続的にやってくる刺激から肌を守ってくれるのです。

もし、このセラミドが大きく不足してしまいますと、肌が緩み刺激が肌の中に簡単に進入してしまうどころか、肌の中の水分も外部に発散させてしまうことにもなり、乾燥肌から老化へと拍車をかけることになってしまうのです。

その他、ヒフミドのもう1つの大きな特徴として、幅広い年齢層向けに明確な商品のラインナップがあるということです。

つまり、30代から40代、50代、そして60代から70代まで、ユーザーの年齢によって同じ乾燥肌でも程度も具体的に出る症状も異なる状況では、非常に選択しやすい製品構成となっているのです。

肌を知り尽くしている薬品会社の開発した化粧品ということで、開発が医学的な面からも考慮されているだけに、ヒフミドは乾燥肌の女性にとって、その改善の手段として、さらに良い選択肢が増えたと言えそうです。